« 残念な会話 | トップページ | - »

2017年8月11日 (金)

切らない眼瞼下垂手術左のみ眉毛下切開セオリークリニックモニター

今回は目の上のたるみ治療のモニターさんの紹介です。

モニターさんは30代の女性です。
若返りが目的なのと、左右の目の大きさを調整したいという
要望でした。

まずは術前の写真です。

まず目の印象としては
左の目が小さく見える
皮膚の余りがあるせいで二重が消えている
目の外側の方が皮膚のかぶりが多く老けてみる
この3つが問題点としてありました。

これはつまり、
皮膚の余りがあり、それで老けて見える

眉毛から上のまつげまでの皮膚の距離を短縮する必要がある

左の目の開きが悪い軽度の眼瞼下垂

左の目の開きの幅を調整する必要がある

ということになり
治療としては
左右ともに皮膚の切除を行う眉毛下切開と
左のみ目の開きを調整するため切らない眼瞼下垂手術を行うこととなりました。

術後1月です。

目の開きの左右差なくなりました。

目の外側の皮膚のかぶりもなくなり
目の形が若しい印象へと
戻っているのがわかります。

眉毛の位置もバランスが良くなり
前額のシワも薄くなりました。

眉毛下の切開部分の傷は
ほとんどわかりません。

切らない眼瞼下垂手術は術後の腫れもほとんどなく
軽度の眼瞼下垂の改善や、目の形の調整には
非常に適している治療と考えています。
この方のように片側だけ行う左右差の調整を行うなんてことも
術中に腫れないからできる技だと思います。

切る眼瞼下垂手術では、腫れないというのが難しいので
少ないダウンタイムで治療したいという要望の場合には
切らない眼瞼下垂手術は非常に頼もしい治療になります。

最近では当院の眼瞼下垂の改善治療のうち、7割程度が切らない眼瞼下垂手術に
なっています。多くの方が腫れない治療を希望されているというのが現実です。
セオリークリニックネットの予約ページはこちら

ご相談はこちら

お電話でのご予約は03-6228-6617までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セオリークリニック
Theoryクリニック東京都中央区銀座372オーク銀座6階
(セオリークリニック)03-6228-6617

« 残念な会話 | トップページ | - »