« 親も人間 | トップページ | 今の気持ち »

2017年8月10日 (木)

会社はきちがいまでは雇えない

いやー
精神系の障害者だからって
会社の仕事や対人関係で
甘えていいということはないと思う。
精神の障害者なんで
配慮して欲しいと言われたけど、
会社の仕事に支障があったり
仕事を遂行するための人間関係に問題があったりするなら
その分の人事考課は通常の人と同じくマイナスにするべきだ。
なぜなら精神障害者用の特別な仕事なんてないし
仕事をこなすという意味においては
健常者も障害者も全て平等だからだ。
普通の人は人間関係を円滑にこなすために
家庭で躾けられるし、常識を勉強してきたし、
人間としてのマナーをこなしていくものだと思う。
その点において、健常者も障害者も区別はない。
怪我して松葉杖ついてるとか車椅子とかなら分かるし
そういう人を社員同士助けたり、
会社が設備を充実させるというのは
理にかなっている。
でも常識人から見て狂人のようなきちがいを
会社にはおいておけないと思う。
仕事の円滑な進行に支障が出るからだ。
人間的な常識ができない、理解できない人まで
会社が面倒を見ろというのは間違っていると思う。
会社にとっては迷惑なだけだ。

« 親も人間 | トップページ | 今の気持ち »